Uncategorized

良い女の条件!男性がドキッとする「後ろ姿美人」になる方法


ドキッとする後ろ姿美人になる方法

街中を歩いていると、後ろ姿がとてもキレイな人を見掛けることがありますよね。
そして後ろ姿がキレイな人は、取り立てて目を引くような美貌でなくても、どこから見ても「何となくキレイな人」という印象があります。
顔以上に年齢が出やすい後ろ姿、いつまでも若々しくキレイでいるためには、コツが有るんです。

あなたの後ろ姿は大丈夫?老けて見える後ろ姿とは

正面から見ると若くて可愛い人でも、後ろ姿が“おばさんじみている”という人がいます。おばさんじみて見えてしまう後ろ姿とは、どんなものものなのでしょうか。

猫背
膝が曲がっている
足を引きずって歩いている
垂れたお尻
下着からはみ出たぜい肉

これらは対面している時には気にならないことでも、後ろ姿では目立ってしまうものです。他にもがに股や内またも、正面よりも後ろ姿の方がより目立って見えます。

後ろ姿美人になる方法

正しい歩き方をする

正しい歩き方をするというのは、後ろ姿美人になるための基本中の基本。

歩くときに前へ踏み出した足を「きちんと伸ばして踵(かかと)から着地させる」ということさえ意識出来ればOKです。

あとはガニ股になってしまわないようにだけ注意です。

姿勢を良くする

ヒールの髙さがあればあるほど、確かに足が長く、細く見える効果が狙えます。

しかし、それを狙うあまりに、腰やひざを曲げたロボット歩きになっていないでしょうか。

どんなに素敵なハイヒールを履いていたって、ひざが曲がっていれば意味がありません。

ヒールの靴は歩き方の練習が必要です。

どうしてもひざを曲げた歩き方しかできないのなら、自分が歩きやすい靴選びをするべきですね。

ヒールに履きなれていないのなら、3cm、5cmから徐々に高くしていくとよいでしょう。

ウエストがキュっとしまった洋服を選ぶ

"後ろから見て美しい!"と思えるのは、体のラインが綺麗な人ですよね。
痩せすぎはよくないですが、ムダに太っている人よりは、細い人の方が綺麗に見えます。

ダイエットももちろん大事ですが、即効性があるのは、お洋服。
できるだけウエストがしまった、細身のお洋服を選ぶようにしてみてください♪

オススメは、「タイトなトップス×フレアスカート」または「フィット&フレアのワンピース」。ウエストが細く見えるだけで、ぐーんと体がしまって見えますよ!

どんなに可愛くても、ぼわっとした形のお洋服はどうしても太って見えがち。
好みのファッションもいいですが、鏡をよーくチェックして、自分のスタイルの見え方をよく研究してみましょう!
ハイウエストファッションでも効果ありですよ♪
後ろ姿美人になるために、ぜひ試してみてくださいね☆

ふくらはぎを細く見せる

後ろ姿の一番の天敵といえばふくらはぎ。

ふくらはぎをキレイに見せることが出来れば後ろ姿美人へとグッと近づけます。

最近流行っている「ふくらはぎを細く見せるタイツ」など、自分に合った方法を見つけましょう。

しめつけが嫌いな方は定番のロングフレアスカートを着用するなど、ファッション面で工夫してみましょう♪

髪型に気を使う

後ろは自分で簡単にチェックできないこともあって、せっかくの美人ポイントを無駄にしているかもしれません。

後ろから見た時の髪は美人にとって大切な点となります。

アップスタイルなら、その髪型自体に加えてうなじの美しさなども重要でしょう。

ダウンスタイルなら、髪のツヤ感やサラサラ感などもとっても大切です。

全身とのバランスをとれる髪型というのは必ずありますので、その日のファッションに合わせることも意識しましょう。

前から見たメイクではごまかせないものですから、きれいな髪のためのケアを始めてみるとよいですね。

身に付けるものに気をつける

どんなに姿勢が良くても、髪型がバッチリでも、身に付けているものが汚いと美人には見えません。特に後姿美人であるためには身に付けているものに気を付ける必要があります。

着ている服装のセンスももちろん大事なポイントですが、それ以上に大事なのは着ている服の清潔さです。

アイロンもかけずにシワがついたままのスカートを履いていませんか?
前回つけてしまった落ちないシミをつけたまま着ていませんか?
色落ちした服は着ていませんか?

今一度自分の身に付けているものをチェックしてみてください。そしてシワや汚れがない綺麗で清潔な洋服をピシッと身に付けましょう。サイズ感も自分に合わないブカブカのものや、ゆるゆるのものは避けてください。自分にピッタリ合った洋服を着るようにしましょう。

背中の肌のケアをサボらない

-Uncategorized

×
ダラシンT