Uncategorized

ハチミツを溶かした「ハチミツ水」の美容 効果とダイエット効果


蜂蜜(はちみつ)の効果・効能

はちみつで疲労回復効果

ハチミツの糖分(ブドウ糖、果糖)は吸収が早く、素早くエネルギーに変換してくれるので短

時間でエネルギー補給をできる効果があります。またブドウ糖と果糖は、それ以上、分解する

必要がない為、素早く体にエネルギー源となる糖分を吸収することができます。運動前にエネ

ルギー補給時に摂取することもできますし、運動後の疲労回復にも簡単に摂取することができ

るので便利です。

火傷や切り傷に効果的

万能なはちみつは、切り傷や火傷などの治療にも効果的です。蜂蜜には保湿力と強力な殺菌

効果があるため、傷口や火傷をした箇所に塗ってガーゼなどをしておけば、傷の治りを早め、

傷跡が残りにくくさせる効果があります。最近傷口等に湿潤療法などがありますがそれと同

じような効果があります。そのため天然の薬である蜂蜜の効果は見直されてきており、医療

分野でも、火傷の治療など多くの場面で再び活用されています。

口内炎治療にはちみつ

口内炎の治療には、口の中を清潔に保つことが重要です。蜂蜜には強力な殺菌効果があるの

で、蜂蜜を口内炎の上に塗るか、蜂蜜を溶かした蜂蜜水で、うがいをするのも効果的です。

また口内炎の原因はビタミンB1、B2の不足があげられますが、はちみつには、ビタミンB1

、B2を豊富に含んでいる為、日ごろから摂取していれば口内炎予防もできるわけです。

はちみつで二日酔い予防と解消

二日酔いの主な原因として、アデノシンやアセトアルデヒド、酢酸にも血管拡張作用が

あり、 これが長く続くと血管が炎症を起こし二日酔いの症状であるズキズキとした頭

痛の原因になります。はちみつに含まれている果糖は、肝臓内のアルコール分解を助け、

血中のアルコール濃度を下げる効果があり、二日酔いにも効果的とされております。ま

たハチミツに含まれているコリンやパントテン酸には肝臓を強化する効果があるので二

日酔い防止にも効果があります。一番の効果は飲み過ぎないのが一番の効果です。

寝る前に飲んでダイエット

寝る30分~1時間前にはちみつ大さじ1杯飲むだけです。肝臓に糖質を蓄える事で、成長ホルモンを増やし、睡眠中の脂肪燃焼を促してくれます。成長ホルモンの分泌が増える夜に飲むことがカギですね。そのままでは飲みにくいので、お湯に溶かしたり工夫してみてくださいね。

1歳未満の乳幼児には蜂蜜を食べさせない

※1歳未満の乳幼児には蜂蜜を食べさせないでください。
一般的には蜂蜜は、ボツリヌス菌の芽胞が混入している危険があるといわれ、 厚労省では1歳未満の乳児にハチミツを食べさせないようにと指導しています。
ボツリヌス菌の芽胞は土壌や空気中などに広く分布しており、酸性に保たれている大人の消化器官の中では発芽しませんが、 消化器官の発育や抵抗力が弱い新生児では発芽し、乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。

水にハチミツを入れて飲む と 体重を減らす

多くの方が既に日常的にハチミツを摂取し、その美容へのメリットをご存知だと思います。ハチミツはとても健康的な食品で、摂取することで健康を改善してくれたり、病気を退治してくれたりするという様々な効果があります。そしてその効果は水と混ぜて定期的に摂取することでさらにパワーアップするのです。この記事では、空腹時にハチミツを混ぜた水を飲むことの重要なメリットを説明します。

体重を減らす
ハチミツは満腹感を与え、間食をコントロールするのに役立つ食品です。水にテーブルスプーン一杯のハチミツを溶かして飲むと、砂糖が食べたいという脳内のメカニズムをコントロールすることにより満腹感を与え、体重を減らすことをサポートします。

コレステロール値を下げる
別の研究では、高コレステロール値である実験参加者は2時間以内に最大10%コレステロール値を低下させることができると判明しました。ハチミツを混ぜた水は、心臓病や循環器の問題を防ぐことができます。実験参加者は500ml弱の水にハチミツ大さじ2杯を混ぜたものを摂取することで効果がありました。

免疫システムを強化する
ハチミツには、風邪やインフルエンザなどの感染症を引き起こす細菌やウイルスを撃退する抗生物質や抗細菌特性が含まれています。空腹時にハチミツを溶かした水を飲むことで体の免疫力を高め、さまざまな病気を防いでくれます。

疲労回復効果
ハチミツを溶かした水を飲むことで、疲労や疲労症状を数日のうちに回復させることができます。水に溶けたハチミツが脳を活性化させ、体に活力を与えてくれるのです。

空腹時にコップ1杯の暖かいお湯にオーガニックのハチミツ大さじ1を溶かして飲むだけです。これを飲むことで精神的なストレスも軽減します。

気をつけること!
病気を防ぐなどの効果を最大限にするためには、毎朝空腹時にハチミツ水を飲む必要があります。ハチミツと水を混ぜたものは、胃にもお肌にも効果があります。腎機能を改善する目的の場合は、寝ている間も体内で働くことができるように、寝る前に飲むと良いでしょう。

空腹時にハチミツを溶かした水を飲むとお肌にも臓器などの内側からも効いて細胞の損傷を防ぎアンチエイジングにも効果があります。

はちみつ水は二日酔いにも効く

韓国ドラマでは、二日酔いの人には必ずと言って「はちみつ水」を作って飲ませるシーンが出てきます。
そして、お決まりの酔い覚ましの「たらのスープ」
はちみつって二日酔いにも効くんですね。
それでは、なぜはちみつが二日酔いに効くのでしょうか?
それは、ハチミツに含まれるコリンやパントテン酸の作用によるものです。
コリンやパントテン酸には肝臓を強化する作用があるため、二日酔いの防止や解消にとても効果を発揮するのです。

材料 (1杯分)
はちみつ 小さじ1
お湯適量
1
はちみつをコップの中に入れる
2
そこにお湯を入れてはちみつが溶けるまでまぜまぜ…
3
溶けきったら完全-♡-
コツ・ポイント
はちみつは入れすぎず入れなさ過ぎずで調節してください!

はちみつレモン

レモン1個
はちみつ 適量
1
レモンを綺麗に洗い、薄くスライスする♪
2
消毒した瓶にレモンとはちみつを交互に入れる♪
コツ・ポイント
瓶は一日に一度ゆすって混ぜてください♪
衛生上、冷蔵庫での保存をおすすめします。はちみつの殺菌効果で長期保存可能ですが、瓶がきちんと殺菌消毒できている場合に限ります。
念のため1ヶ月を目安に使い切るのをおすすめします。

レモンを皮ごと食べたい場合は必ず国産品を使って下さい。輸入レモンを使う時は次の洗い方を実践して下さい

輸入レモンは防カビ剤が使われていて、これには発がん性があるとも言われています。皮ごとレモンを食べる時はなるべく国産のものを選びましょう。
輸入レモンを使う時は次の洗い方を実践して下さい

輸入レモンを安全に食べるための洗い方

まずは基本。
レモンの表面を塩で
よーくモミモミ・ジョリジョリして
水で洗い流しましょう。
もし抵抗がなければ
食器用洗剤とスポンジを使って
さらにこすり洗いしましょう。

鍋にお湯を沸かし沸騰したら
レモンを投入(。・ω・)σ ⌒*ぽい
20〜30秒コロコロさせたら
冷水につけます

さらに水を張ったボウルに
小さじ2程度の重曹を加えた
重曹水につけて
ジャブジャブ洗ったら
いい感じじゃないでしょうか
最後は必ず
流水で何度も洗い流しましょう。

寝る前の「はちみつ」でぐっすり安眠!流行中の風邪とインフルエンザも「はちみつ」の殺菌効果でウィルスを撃退!

-Uncategorized

×
ダラシンT