Uncategorized

ミドリムシを食べると体に良いって本当?ミドリムシの効果と成分まとめ


この記事は私がまとめました

opmteammailさん

ミドリムシとは?

5億年以上も昔から生息しているにも関わらず、現代までその姿や生態を変えずに存在している優れた生命力の持ち主です。

ユーグレナには体に有害な成分が一切含まれておらず、約3億年前の太古から存在しており、私たち人間に必要な成分を含んでいる事から摂取しても親和性(ある物質が他の物質と容易に結合する性質や傾向)が高く、健康面での効果が大きく期待できます。

ミドリムシ(ユーグレナ)と聞くと、理科の実験で観察した記憶がある人も多いと思います。このミドリムシがたくさんの栄養素を持っているということで、サプリメントや食品も登場しています。

ミドリムシサプリメントがある

最近注目されているサプリメントの一つに「ユーグレナ」(和名:ミドリムシ)があります。
ユーグレナには、59種類の栄養素がバランス良く含まれており、食事が不規則になりがちな人や、健康増進や美容のために不足しやすい栄養素を補いたいと考えている人には最適なサプリメントといえます。

ユーグレナが持つ栄養素を最大限に摂る事を優先するのであれば、1日あたりで摂れるユーグレナの含有量が最も多いものを選べば良い

ミドリムシ入りの飲み物・スイーツもある

プリンやスムージー、のど飴以外にも、ヨーグルト、豆乳飲料、クッキー、スフレ、カステラなど、様々なミドリムシ食品も登場しています。

コンビニで買えるものもあるので、ちょっと味を確かめてみたい人も手軽に手に入れることができますね。

ミドリムシに含まれている成分って?

ビタミン類…ビタミンA群やビタミンB群、C群など全14種類
ミネラル類…マンガンや銅、鉄など全9種類
アミノ酸類…リジンやトリプトファンなど必須アミノ酸、アラニンやアルギニンなど非必須アミノ酸など合わせて全18種類
不飽和脂肪酸…DHAやEPA、オレイン酸やリノール酸など全11種類
その他…パラミロンやクロロフィルなど全7種類

ミドリムシは実に59種類もの栄養素を持っています。しかも、これら全ては人間の健康に役立つ成分のみで、一切無駄がありません。ビタミンB群から始まり葉酸や14種類のビタミン、さらには、鉄や亜鉛、カルシウムなどとなっています。

ミドリムシには、ビタミン類は14種、ミネラル類は9種、アミノ酸類は18種、不飽和脂肪酸は11種、その他に7種、計59種類もの豊富な栄養素が含まれています。

59種類もの栄養素を持っているなんてすごいですよね。
でも、「ミドリムシ」の「ムシ」という部分に引っかかります。なかなか食べる気が起きない人もいるかもしれません。

そもそもミドリムシって食べれるの?

和名では「ミドリムシ」と言いますが「ムシ」ではなくワカメやコンブと同じ「藻」の仲間です。

藻とは、光合成をする生物からコケ植物、シダ植物、種子植物を除いた生物といわれています。主に水中に生息し、顕微鏡でしか見ることができない「微細藻類」から、日本人が食してきた昆布やワカメのような大型海藻までが含まれています。

ミドリムシは、ムシではなく藻の1種です。昆布やわかめを想像すれば、全然食べれますね!

ミドリムシなら効率よく栄養を吸収できる?

-Uncategorized

×
ダラシンT