Uncategorized

【衝撃】グリーンスムージーがシミを促進・・・?気を付けたいグリーンスムージーの作り方


青リンゴ、きゅうり、ほうれん草、バナナ、しょうがでグリーンスムージー

1日のスタートに最適!
手軽に作れて栄養たっぷり(*´ω`*)
気分もリフレッシュしてくれます! pic.twitter.com/pin76j00tE

芸能人のダイエット成功の声や「美肌になった」等の
ニュースで”グリーンスムージー”に挑戦する女性も
増えてきました。
グリーンスムージー専門のショップも
開店したそうなんです。
#きれいなボディライン作りたい人RT pic.twitter.com/p9rV0QLZxY

でも作り方によっては。。。。

朝のグリーンスムージーはシミの元飲むなら夕方から夜 #ミルチョ

気をつけたいのは、「ソラレン」

朝食に美容や健康のためにフルーツやフルーツジュースの摂取を習慣にされている方もいかと思いますが、朝の柑橘類の摂取には注意が必要です。
柑橘類のフルーツには光毒性物質というソラレンが入っています。ソラレンは紫外線を吸収しやすくしてしまうため、シミを出来やすくしてしまうのです。

PUVA療法に用いられるソラレンは典型的な光毒性物質なので、塗布量あるいは内服量依存性に、あるいは紫外線照射量の線量依存性に誰にでも強い日焼け様の症状が生じる。

怖すぎる。。。

日焼けに良くない食べ物は? ソラレン(ソラーゲン)は、光毒性があって、ソラレンを、大量に食べてから、日中出かけると、 シミができやすくなる。 主に含まれてるのはレモン・きゅうり・ライム・パセリ・ セロリ・春菊・三つ葉・シソ・イチジク・柑橘系の皮 、これは 夜に食べたほうが安心

朝は避けたい、ソラレンが含まれる食べ物って?

オレンジ
キウイ
レモン
グレープフルーツ
いちじく
セロリ
春菊
野沢菜
にんじん
きゅうり
パセリ
しそ
ブロッコリーの茎
三つ葉
クロレラ

しかしこの食品たちは同時にビタミン・ミネラルが豊富ですから、夕ごはんで食べると日焼け回復を助けます

キュウリとレモンのように「ソラレン」含まれる食材は「朝」には食べない方が良いって知ってますか!?
シミが増える原因になります。
でも「夜」食べれば美白作用があったり、紫外線ダメージを回復してくれたり。

ソラニンが少ない果物は、バナナ、リンゴ、イチゴ、スイカ、もも、ブドウです。野菜では、トマト、レタス、キャベツ、かぼちゃ、ネギ、大根、ごぼうです。

?いちご&バナナ スムージー?ヘルシーだけど腹持ちの良い栄養十分なスムージー♪忙しい朝でも超簡単に出来るからオススメです? pic.twitter.com/tk3w6uo5lb

逆に、日光を浴びる前に摂取すると日焼け防止に役立つ食材も。どんどんスムージーへ入れていこう。

A.UVを浴びると皮膚・体内に発生する一重項酸素を消去=日光班・しわ防止食品たち

1.トマト・すいか(リコピン)

2.赤い海産物=鮭・いくら・桜海老・赤い海藻など(アスタキサンチン)

3.小松菜・パプリカ・ブロッコリ・柿・すいか・海苔・わかめ(αカロテン)

4.赤肉腫メロン・海苔・わかめ・ひじき・抹茶(βカロテン)

5.ピーマン・ブロッコリ・芽キャベツ・カリフラワー・苺・アセロラ(ビタミンC)

※( )は有効成分

B.メラニンをつくる酵素、チロシナーゼを不活化する食品たち

ベリー類=ザクロ・ 苺・ラズベリー・クランベリーなど(エラグ酸)

※( )は有効成分

【日焼け防止食材】トマト、パプリカ、鮭、いくら、ナッツ類、オリーブオイル、ココナッツオイル

日焼け防止と日焼け回復、食材は時間に注意!

レモンやピーマンなどの多く含まれるビタミンCはシミの原因となるメラニンの合成を抑制したり、体内で自然にできてしまう活性酸素を除去し、肌の老化を防いだり、皮膚の血行を良くして、肌の色・ツヤを改善(*^_^*)

どんな美容食材もやみくもに摂取はNG。

-Uncategorized

×
ダラシンT