Uncategorized

プロ伝授♡眉メイクを長時間キープする裏ワザ集


眉を描く前にポイントが!

ファンデーションのついていないすっぴん肌だと色が出にくく、無意識に力を入れて描いてしまうことも

固形ファンデーションならそれだけでOKですが、リキッドファンデーションを使用している場合には、フェイスパウダーも“眉毛の下の地肌”に置いてあげましょう

メイクアイテムは複数使い

あらかじめリキッドでベースの毛を描き足しておき、その上からいつも通り眉メイクをすると眉メイクの持ちがよくなります

昨日の夜、お買い物先のテスターで、初めて、リキッドアイブロウ使ったんだけど、それがクマさんが手で指してるところなんだけど、使い心地はよかったのに、光当たると色が違って写って、眉尻だけ浮いてて、でも全体リキッドで描くのは、むずかしry pic.twitter.com/nkN1K6MoBS

眉尻だけ濃いのは問題ないみたい

実は、眉マスカラがめっちゃ使える

メイクアップアーティストの益子さんや新見さんが使ってるテクがこれ

眉毛の色を変えることができる、眉毛用のマスカラです。眉毛をコートするので、先に描いたペンシルやパウダーが落ちにくくなります

髪の色に合わせて少しだけ眉マスカラでブラウンにすると、あかぬけて見える効果もある

初めて眉マスカラ買ったのね!すごい楽!ついでに眉コートも買ったのね!すごい!ゴシゴシしても取れない! pic.twitter.com/5UOEt4W8wi

透明タイプ(アイブロウジェル)もあるので、黒髪の方にはこちらがおすすめ

普段から眉毛描く以外の化粧をほぼしないので、その唯一のメイクが夏に1時間で消えるのに悩んでいたわけです。100円ショップで眉毛コート液なるものを見つけて、太ももに眉描いてコート塗ってみたら、シャワー浴びても落ちなくて今笑ってる。 pic.twitter.com/P6VGSy9KgK

クリアな液体をマニキュアのようなブラシで描いた眉の上をひと塗りすると、毛流も整えつつ、色も変えず、そのまま1日キープ

メイクアップアーティストの黒木さんは、キャンメイクの透明タイプを愛用してるそう

消えちゃった眉をお直しする時は

パウダーだけでは色がのりづらくペンシルと比べて落ちやすいので、この場合はペンシルを使用した方がよいです

眉尻は特にメイク崩れしやすいので、眉付近がテカっていたらこまめに皮脂をティッシュオフしてあげるとよいです^ ^

眉が消えた部分にいきなり描こうとすると、上すべりしたり、パウダーがボテづきする原因に。綿棒でしっかり汗・皮脂をぬぐって

綿棒などを使うとキレイに皮脂がとれるそうですよ^^

-Uncategorized

×
ダラシンT