Uncategorized

美肌やダイエット効果も♡“愛のスパイス”シナモンで愛されボディ


シナモンとは

シナモンは肉桂・桂皮とも呼ばれ、漢方に用いられたり、スパイスやお菓子作り、アロマオイルにもよく使われています。

シナモンはクスノキ科の常緑樹で、幹や枝の樹皮を細長い形状にはぎ取り、コルク層を除去したものがシナモンとして利用されます。

シナモンの木。ここから樹皮を取って香辛料として使えるように加工します。

古代から愛されていた世界最古のスパイス

シナモンは旧約聖書やパピルスにも登場しており、が紀元前4000年ごろに使われていたことがわかっています。

また、儀礼にもシナモンが頻繁に使用されていたといわれています。

シナモンは何千年も前から人類に愛用されていたんですね。

まさに愛のスパイス♡古くから愛の証として使われていた!

古代ギリシャではシナモンの香りが愛をかきたてると言われ、好きな相手に好意を持っていることを伝えるために送る贈り物としても用いられていたのです。

聖書にも「没薬、アロエ、シナモンなどで匂いをつけた床の中で、夜の明けるまで情をつくし、愛を囁こう」とうたわれています。

ローマの暴君ネロは、最愛の妻の死後、ローマで使用される1年分のシナモンをかき集めてすべて焚き、最高の死出の旅への贈り物、愛の証としたと言われる。

古代からシナモンの甘い香りから愛を連想させていたんですね。

恋に効く♡シナモンの効能

◎脂肪燃焼効果あり♡ダイエットが期待できる!

そこでダイエットに役立つのがシナモンなのです。シナモンを摂取することで、インスリン様作用が働き、血糖値の低下や、中性脂肪やコレステロールの低下が期待できます。

脂肪を効率よく燃やすことが健康的なダイエットにつながるのですが、シナモンには脂肪細胞を縮小させる働きもあります。血糖値もコントロールしてくれる上に脂肪の燃焼を助けてくれますので、健康的に体の中から脂肪を燃やすサポートをしてくれます。

朝にシナモンを摂取した場合は、内臓を活発化し、消化力を促進してデトックス効率を高めます。また、体温の上昇を助け、消費カロリーをアップします。

夜にシナモンを摂取した場合は、血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積も抑えてくれます。

シナモンを上手く取り入れて健康的にダイエットしたいですね♡

◎利水・発汗作用でむくみがとれてスッキリボディ

水分代謝が悪くなると体内に余分な水が溜まり、むくみの原因となります。シナモンには発汗を促してむくみを予防する働きがあります。

◎利水作用◎
水分を必要なところにには水分を送り、
必要のないところの水分は排出してくれる作用

◎発汗作用◎
新陳代謝を活発にし、水分を排出する作用

◎血流促進作用◎
体の血の巡りを改善してくれる作用

以上の効果でむくみの原因となる水分を排出を促し、血のめぐりや新陳代謝の活性化によって体が温まって、むくみが気にならない体になっていきます。

◎毛細血管が修復される!血流アップで美肌効果♡

シミは、紫外線やストレスなどの様々な原因で毛細血管が炎症を起こしたところにできやすいのです。

そのため、毛細血管の修復・強化が必要になります。毛細血管の修復・強化にはTie2(タイツー)という分子を活性化させる必要があります。

シナモンの有効成分は、毛細血管の内皮細胞のTie2(タイツー)を活性化する、アンジオポエチンと同じ働きをしてくれます。つまり、シナモンは損傷した毛細血管の壁細胞に代わって、内皮細胞のTie2(タイツー)を活性化し、血管の炎症を防ぎます。

シナモンを摂取することによって、毛細血管を修復すれば、メラノサイトやマクロファージも通常の働きに戻れます。そうすると、シミ・くすみ予防はもちろんのこと、できてしまったシミ・くすみも改善してくれます。

-Uncategorized

×
ダラシンT