Uncategorized

20代でもブルドッグ顔に?「顔寝グセ」が意外と怖い件


朝、鏡を見て「顔寝グセ」がついていたら…

寝ている間に顔周りに表れる、“顔寝癖”。蓄積されていくと「人相が変わる」ほど、左右非対称のブス顔に近づいてしまう

顔に負荷がかかり、長い期間で肌に断層ができ、深いシワを形成するようになる

米国の研究チームが発表している

ほうれい線を目立たせる原因の1つだった

肌の弾力が衰えることにより、寝ている間に頬がつぶされ、しわ寄った状態になっている

片側にだけ重力が掛かるので、下になった側にだけシワを増やしてしまう可能性があります

怒ったように見える、眉間のシワまで…

無意識に眉間にシワを寄せていると、朝、シワが濃くなってしまう

ストレスや不安、思い悩みは睡眠中の表情にあらわれます。顔をしかめて眠っていると、眉間やおでこにシワが刻まれてしまいます

ストレスは溜めないようにしたい…!

顔寝グセは、寝方に問題があるみたい

顔や首にできるシワも、年齢によるものと諦めているかもしれません。それらは、寝相によって悪化している可能性がある

仰向けを維持したければ、体の周りに枕を置いて体を動かすのを防ぐ、U字型枕を使う

カンタンに仰向け対策ができます♪

でも大丈夫。枕でも簡単にケアできる

寝ている時の頭は心臓よりも高い位置にしなければ、血流の流れが悪くなり、むくみの発生に繋がってしまう

頬を枕にべったりつけて寝ると、枕との摩擦からニキビや吹き出物といった肌トラブルを引き起こします

枕カバーの清潔さも重要です。カバーは最低でも1週間に1度は洗濯しておくようにしましょう

シルクの枕カバーは、摩擦による肌へのダージが弱く、頬が触れても滑りがいいので顔にシワができにくい

抱き枕などを使い、片方ばかりに圧力がかからないように工夫して寝るようにしましょう。

-Uncategorized

×
ダラシンT