Uncategorized

Twitter民による、ただならぬ達観レベルを感じる『恋愛論』


◆『恋愛』"あるある"な、あの常套句に一言申す。

男の恋は名前をつけて保存という格言があるけれど、容量いっぱいだから、ゴミ箱に捨てて、でもどこかさみしいから、ドライブにでも入れて忘れ去りたいよ。

女の恋は上書き保存って言うけど、恋愛に関する恨みはしっかりと名前を付けて保存してるわよね。

男の恋は名前をつけて保存、女の恋は上書き保存というけれど、どれも書き出しに失敗しているから信用できないし、やけに重かったり軽かったりする

「恋愛は惚れた方が負けなのよ」みたいな言い回しよくあるし昔は納得してたけど、元々他人同士の誰かを本気で愛せるのなんて普通に考えて凄い事なんだから惚れた方が勝ちだろ、と最近は思う。

「ごはん誘っていい?」はもう誘ってると思うし、「好きになっていい?」は自分で考えろって思う。

『恋愛に向いている人』なんていない。『その人に向いている恋愛』があるだけだ。

「たくさん恋愛したほうがいいよ」と勧めるひとは別れるコトを前提で付き合うのかね。それとも二股三股もOKというコトなのかね。教えて恋多きひと!

◆『恋愛』に関する様々な…"視点"

病気にすらなれない恋愛なんて、面白くも怖くなくて、それこそなんの足しにもならないと思うんだけど。

恋愛に必要なものは、喧嘩ではなく話し合いです
人が素直な聞く耳を持っているときというのは最も幸せなとき
話し合いというのは不穏な空気になってからでは1つも2つもタイミングが遅いのです

揚げ物ってめっちゃ美味しくて「これ無限に食べれるわ〜!」ってはじめは思うじゃないですか?でも食べ過ぎると胸焼けするし冷めるし飽きるじゃないですか?無限や永遠なんてなくて、あの時の熱い感情も幻だったと思うときくるじゃないですか?それって恋愛でも同じこといえますよね。なんのはなし?

◆『恋愛』に関して(恐らく)"経験則"から言えること。

恋愛経験値と偏差値が、名前書いたら入学できる学校レベルなので、相談には全て正論で返します。

恋愛において、焦らすとか待つとか駆け引きとか物凄く苦手なので、「する?え?しない?じゃ次」みたいな感じですね。

非常によくおモテになる先輩は言う。「好きだって言わないと始まらないのが子供の恋だ」「大人の恋はどうなんですか」「好きだって言っちまったら終わることもあるんだよ」

結局今のところ勉強も仕事も趣味も我を忘れるほど夢中で続けられたこと何もない、私が全力出してやったことって恋愛だけだな

高校1年生のとき片思いしてた人と3,000通もメールして結局距離1cmも縮まらなかったの無駄じゃなかったと思ってる。

歳を取れば取るほど恋愛がややこしくなる。色んな経験をすればするほど臆病になる。過去なんて今の人には関係ないのにもしかしたらを考えてしまう。この人もきっと急に居なくなってしまうんだとか考えてしまう。そんな事今の人には関係ないのに。

僕も若い頃は、彼女が僕の冗談に笑ってくれただけで、世界中が自分に笑いかけてくれたように思えた。恋愛を含めたコミュニケーションって、深刻になりすぎず、もっと軽やかであってもいいと、常々思う。(小池一夫)

◆すべり知らずの『恋愛』に関する"呟き"

-Uncategorized

×
ダラシンT