Uncategorized

メイクがなぜだか古臭い…80年代生まれが陥りがちなNGメイク


垢抜けたメイクをすると、それだけで若くみえます。

アラサー世代が学生の頃にファッションリーダーだった浜崎あゆみさんをみてみましょう。
これは10年前のアルバムジャケットです。この頃のメイクから抜けきれてないあなたは相当ヤバいですよ!

ちなみに、この写真の浜崎あゆみさんは28歳頃ですが、2017年の今でいうと堀北真希さんや小嶋陽菜さんが同じ年齢です。

一体どこをなおしたら垢抜ける?アラサーが陥りがちな問題メイク一覧!

ひじきまつ毛

何重にも重ねるのが当たり前だったあの頃。古臭いメイクの代表格です。

ちょっと物足りないと思ってもとりあえずやってみよう。

厚塗りファンデ

パウダー系ファンデでマットな肌を作ると、厚塗してなくても厚塗りにみえやすいので要注意。特に、顔が浮くほど本当の肌色より明るい色を使っている人は完全アウトです!

クッションファンデなどを使って、素肌のようなツヤのある肌を作りましょう。

外側過ぎチーク

目尻の縦ラインよりも思いっきり外側から引いたチークは古臭さを感じます。

お風呂上りなどに、実際に頬が赤くなるところですね。
チークをほとんど入れないのもアリです。

細眉、釣り上げ眉、太すぎ眉

数年前までしっかりした平行ストレートの太眉が流行っていました。

太すぎない、少しアーチのあるナチュラルな眉が人気です。

ヌーディリップ

使い方によってはイマドキメイクにもなるけれど、なんとなくメイクが古臭いと思っているなら、とりあえずやめてみましょう。

最近は、他のパーツがナチュラルな分、リップを目立たせるメイクが多いです。ちょっと派手かなと思うような色にもどんどんチャレンジしてみましょう。

最初はほんのり薄づきに。
徐々に塗り重ねて色を濃くしていき、自分に似合う濃さに調整しよう。
真っ赤なリップも明るいオレンジも、少しずつ重ねると丁度いい色が見つかりますよ〜

囲みアイライン

黒のアイラインでぐるっと囲んでしまうと目が余計に小さく見えてしまう上、なんだか汚い。
上のラインだけにしましょう。

アイラインの太さは好みですが、囲むのはNGです。

関連まとめ

-Uncategorized

×
ダラシンT