Uncategorized

小顔になる!?舌の位置だけで変わること


どこに「舌」をおいてますか?

前歯の付け根辺りの窪んだ場所のことを、スポットといいます。そこが、口を閉じている時の舌の正しい位置です。

コツは上顎の窪んでいる部分に舌をつけるように意識すること。慣れないうちは、舌を上顎に押しつけるくらいおもいきりでOKです。

正しい位置におくだけで「小顔」効果が

口呼吸は完全にシャットアウト!舌骨が上がるので、顔のたるみもなくなり、小顔美人に!

アゴや首のラインが綺麗になる効果があります。たるみや歪みなどを解消したいなら正しい舌の位置を意識するのが大切ですよ。

よく眠れるようになる

寝る前にこれだけ言わせてくれ
ベットについて電気消したら舌の位置を確認しろ 毎日同じ場所じゃないと睡眠の質に関わるぞ少し上がいいけど力入れすぎても良くないからな
おやすみ

正しい位置に舌がないと呼吸が浅くなってしまいます。しかし正しい位置に舌があると呼吸が深くなり、睡眠も深くなる!

舌が低位になってしまうと睡眠中の気道を閉塞しやすくなるため、いびきや寝返りが増え、睡眠の質も低下してしまいますす。

猫背がなおって姿勢がよくなる

「前歯の裏に舌を当てると、首が前に出ずらくなって猫背にならず、頭の位置が安定する」って聞いてからずっと前歯の裏舐めてる

頭がうつむくと自然に猫背になります。舌を上顎につけることで、頭がうつむくのをある程度防止できます。

下あごの安定が保たれて頭部の重力バランスがつり合い、正しい姿勢を保つことができます。

みんなちょっと確認してみてほしいことがある。口を閉じた時舌が下あごについてる(置いてる)状態か上あごについてる(上前歯の裏に舌が当たる感じ、Lの発音する時の位置)かなんだけど下あごについてる人は噛み合わせが悪くてもし偏頭痛持ちとか肩こりがひどいとかあったらそれが原因なんだって…

実は舌を歯の裏側につけると首の痛み・肩こりを改善できるそう。舌をくっつけるとインナーマッスル(頭長筋・頚長筋)が働き、首の安定性がアップします。

下腹のぽっこり改善にもつながる

ぽっこりおなかの原因、内臓下垂かもしれません。内臓下垂とは文字通り、内臓が通常の位置より下がってしまうこと。

2週間後には、かかりつけの整体院で、「体のゆがみがかなり改善されている」と言われました。

重力・振動・衝撃から脳を守る、脳波を安定させる、内臓の下垂を防ぐ、といった効果があると言われています。

やる気や集中力がアップ!

舌を常に上あごにくっつけておくと、頭の位置が安定する影響で姿勢がよくなり、やる気や集中力が出たりするということでした。

舌の位置で集中力が下がるのはわかる

-Uncategorized

×
ダラシンT