Uncategorized

一重さんに使える♡「和顔」が垢抜けるメイク術


かんたんに垢抜けるのが、くの字シャドウ

目尻に「くの字」を入れます。自然な「ちょこっと離れ目」が完成♡

かわいく見えるんだとか♪

アイメイクをしてもまぶたで隠れてしまいがちな一重や奥二重さんの場合、色が効く場所にメイクを

見えるところにメイクするのがポイント!

アイシャドウの質感は、パールよりも「シルキー」

メインカラーがパール入りだとまぶたばかり目立ってしまうので、シルキー質感で陰影がつけられるものが◎。

暖色寄りの膨張色がパレットにあると、立体感ある目元に♪

ラメ入りのを使いたいという場合は、パールが入っているラメが小さいタイプのものを使うと瞼の腫れぼったさが目立たない

セクシー見えするコツは、まつ毛

ボリュームより長さを重視仕上げのまつげは、しっかりとカールをつけて、長さの出るタイプのマスカラで仕上げましょう

アイラインは、太くしずぎない

ラインを太くすれば目を閉じた時のインパクトも強くなり、どんどん濃いメイクになってしまいます

アイラインに関しては目の曲線に沿って長めに引くと、さらにドラマティックな目元の仕上がりに。

二重幅が細いため、アイシャドウは薄く、アイラインは細く入れ、二重幅を生かすことが大切。

カラーアイライナーは、ボルドーで

肌の血色感を程よく強調するざくろ赤なら、きっちりラインを引いても優しげで女らしい雰囲気にすることができます

ブラウンを重ねた自然なグラデで全体のスケールを拡大しつつキワをきっちり引き締めて、引き込むような奥行き感を出すと◎

-Uncategorized

×
ダラシンT