Uncategorized

正しい方法で正しいクレンジングを!クレンジングオイルの使い方まとめ


▼クレンジングオイルについて

オイルクレンジングとはその名の通り、オイルタイプのクレンジング剤。なめらかなオイル特有のすべりの良さ、使い心地の良さから支持している人も多いのです。

メークだけでなく、皮脂が酸化して油汚れになってしまったものや、大気中の汚染物質まで落とすことができる、とても強いオイルクレンジング。ベタつきやすく、化粧崩れの原因となる皮脂の分泌量が多いTゾーンにぴったりです。

▼美しい肌のためにも大切なクレンジング♡

クレンジングオイルって乾いたまま塗っていいの??濡らした方がいいの??

泊まりだからクレンジングオイル持っていかなきゃ

最近の化粧品は高機能で、洗浄力の弱いクレンジング剤では落ちにくいものが増えています。そのため、メイクが落ち切らず余計な肌トラブルが起こることもめずらしくありません。

毎日メイクアップ・メイクオフを繰り返す女性の肌は、酷使され続けています。そのため、毎日自分の肌を真っ白なキャンバスに戻してあげることが大事です。クレンジングで肌をまっさらな状態にしてあげることで、クレンジング後の美容液なども本来の機能を発揮します。

▼クレンジングオイルを正しく使おう♡

①肌ケアは清潔な手で

たくさんの菌がついたままの手で顔に触れると、さまざまな肌悩みが起こりやすくなります。クレンジングのみならず、「スキンケアの前には必ず手を洗って清潔にする」ことを意識しましょう。

②ポイントメイクは集中的に

先に目もとや口元などのポイントメイクを落としていきましょう。ベースメイクをアイメイクや口紅など、ポイントメイクの汚れが混ざったクレンジングオイルで落とそうとしても、なかなか落ちない場合もあります。また、メイクが落ちにくいと感じると、どうしても力が入りやすくなってしまい、肌がこすれて負担がかかってしまうことも考えられます。この段階で完璧に落ちていなくてもよいので、ポイントメイクがおおむね落ちたら、次のステップに進みましょう。

③手を拭いてから手の平にオイルを

手を拭かずに濡れたままの手にクレンジングオイルをのせてしまうと、手の平の中でオイル成分が薄くなってしまい、メイクを落とす際に必要以上に擦ってしまうため、肌に余計な負担をかけてしまうことになります。

④乳化もポイント(※下記で詳しく解説)

乳化させることでクレンジングオイルと水がなじみやすくなり、キレイに洗い流しやすくなります。新たにクレンジングオイルを出す必要はないので、手についているオイルに水を数滴垂らします。手のひらで乳化させたら、顔全体につけてクレンジングオイルを浮かせるようにやさしくなじませます。

⑤ぬるま湯で洗い流す

お湯が熱すぎると肌に必要な油分まで取ってしまうことがあり、肌が乾燥しやすくなってしまいます。逆に水が冷たすぎると、クレンジングオイルが固まりやすく、メイクが落ちにくくなってしまうことも考えられます。体感で、少しぬるめかなと思う温度で洗い流していきましょう。

⑥清潔なタオルで優しく拭き取りましょう

洗顔後は清潔で肌触りのよいタオルを使って優しくふき取りましょう。何かに使って濡れたままのタオルでは雑菌が繁殖している場合があり、そのまま使用すると雑菌が顔に付着してせっかくキレイにした意味がなくなってしまいます。

▼乳化とは?

よく考えたらただの油なんだから乳化ならないのはあたりめーか…クレンジングオイルだから乳化ってなるのかな…香粧品学の授業ちゃんと聞いときゃよかった

クレンジングオイル使う時は乳化させるのが重要、、、、ペペロンチーノ作る時も乳化が重要、、、、、、つまり、、化粧落としてる時の私は顔でぺペロンチーノ作ってる、、、、ってわけのわからない理論構築し始めたからそろそろ寝た方がいいかもしれない

乳化とは、水分と油分が混ざり合って白く濁る現象のことです。
クレンジングに含まれる界面活性剤も、水分と油分をなじませて乳化させることを目的に配合されています。

肌はとてもデリケートなので、とにかく「摩擦の回数を減らす」ということが大切です。オイルクレンジングは強い洗浄成分を含んでいるから、なおさらすすぎ時間を短縮したり擦らなくてもオイルがキレイに落ちるということが重要!

▼クレンジングオイルを選ぶポイント

あと、湯船で体を温めてから、あったかい手でクレンジングオイルをじんわりと顔に当ててぼうっとしていたら、より効果が出ましたので、おすすめです 発見の夜でした

明日は薬局でクレンジングオイルかう!

クレンジングオイルの選び方ではまず3つのポイントを踏まえておくことが大事です。適度な洗浄力、低刺激、そして肌環境を改善する効果。汚れを落とす効果からさらに一歩踏み込んで肌環境を改善しトラブルの修復に役立つ成分を配合していることが多くなっており、その点も考慮しながら探していくことになります。

肌に優しい植物由来のオイルが理想ですが、その中でも肌になじみがよいオリーブオイルやツバキオイル、ホホバオイルなどがオススメです。肌環境を改善するための有効成分では保湿成分のセラミドがまず第一の候補となるでしょう。

▼クレンジングオイルの中でもさまざまなタイプのものがあります

-Uncategorized

×
ダラシンT