Uncategorized

冬こそ「濡れ感」をプラスして♡艶めきメイクで周りと差をつけよう!


冬メイクは楽しい♡でも気になるのは乾燥…

秋冬の肌は潤いが不足しがち。
折角可愛くメイクしても何だか物足りなかったり、夕方には崩れてしまったりと難しい時期です。

そこでプラスしたいのが「濡れ感」

多くの女性が悩んでいる…ということは差をつけるチャンスにもなりますね♡
全体ではなく、ポイントとして濡れ感をプラスするのが冬メイクに取り入れるコツ。

肌なら下地がポイント♡

夏ほどのガッツリ濡れ感だと少々不自然になってしまうので、なるべくナチュラルに仕上げるのが◎

しっとり濡れたようなお肌になれちゃうベースアイテムと言えばやっぱりパール入りの下地でしょ!顔全体ではなく、ハイライト代わりにTゾーンやCゾーンに仕込むのが自然なツヤでオススメです♪

顔は一番乾燥の影響を受けやすい部分。
内側から輝く肌は魅力的ですよね♡

パール入りの下地って例えば?

日本人の黄味の肌を明るく補正するラベンダーカラーにこだわった、光コントロール化粧下地。 配合パールによる奥行きのある光反射が、立体感のある引き締まった顔立ちを演出します。

4種の偏光パールの発光コンプレックスパウダー配合で、多くの光を肌表面で正反射させ、同時に肌の内側に多くの光を取りこみます。

次にこだわりたいのがアイシャドウ♡

肌の濡れ感に負けない目元作りが大切です。
全体のバランスを意識しましょう♪

美容家さんもヘアメイクさんも、こぞって目元がキラキラしているこの頃。聞けば、「冬の勝負メイクはキラキラシャドウなしじゃ語れない」のだとか。

暗めなファッションが多くなる冬こそ、ラメシャドウで華やかに目元を仕上げたいですよね。

目指すのは派手過ぎないキラキラ感♡

ギラギラした雰囲気になってしまわないよう、色やラメ使いに拘り上品に仕上げたいですね。

おしゃれ業界人たちは、「THEラメ」という派手なものではなく、目元が自然と明るくなるような上品な輝きのメイクが共通点。

出典howcollect.cdn-donuts.jp

ラメシャドウは、ナチュラルに仕上げるのがポイント。普段ヘビロテしているアイシャドウを塗った上に、キラキラのシャドウを重ねて、艶めく質感を目元にプラスしましょう。

さらに嬉しいデカ目効果も♡

大きな目は誰もが憧れるチャームポイント。
ラメシャドウ一つで手に入れられちゃいます♪

目の輪郭がハッキリし、立体的な目元に早変わり! 自然なデカ目効果がGETできるのも魅力の一つです。

出典ae01.alicdn.com

アイメイクを格上げするキラメキシャドウは、この冬1人1つは持っておきたいマストハブコスメ。目元を華やかに彩って、今どき顔に変身しちゃいましょう!

-Uncategorized

×
ダラシンT