Uncategorized

【ヒアルロン酸の力】驚くべき『ヒアルロン酸』の美容効果とは


ヒアルロン酸を使っている人の声

ヒアルロン酸は保水性が高く、水を吸収すると粘り気がでて、体の機能を円滑にして健康を維持したり、ハリのある肌を作るなど、女性にとっても嬉しい成分です。

ヒアルロン酸とは、私達の体の細胞と細胞の間にあり、細胞同士を結びつけたり、外からの衝撃を吸収するクッションの役割をする成分。#美容

@h613x 口角上げでしたら、ヒアルロン酸のほうが効果あると思います!でも、唇の形によって仕上がりに差があるそうです!

ヒアルロン酸が不足すると、真皮の活動が悪くなり皮膚の乾燥が進み、同じようにシワやしみが増えて、美肌を保つのが難しくなります。

ヒアルロン酸は保水性が高く、水を吸収すると粘り気がでて、体の機能を円滑にして健康を維持したり、ハリのある肌を作るなど、女性にとっても嬉しい成分です。

ヒアルロン酸には、細胞の結合やクッション材という役割の他に、全身に栄養を運ぶ役割もあります。#美容

ヒアルロン酸ってなに?

関節炎や角結膜上皮障害の治療薬、白内障・角膜移植手術時における前房保持剤として利用するほか、過酸化水素水と混ぜ合わせたものをがんの放射線治療の増感剤として用いたり、化粧品などに保湿成分として添加する。

ヒアルロン酸配合の化粧品から期待できる効果は、その保湿力による小ジワ(ちりめんジワ)の予防や改善、肌のバリア機能のサポートなど美肌を目指すための大切かつ基本的なことです。

ヒアルロン酸は女性の感覚では美容に効果を発揮するものとして認識されていますが、実は肌以外にも多くの働きを担っています。

細胞間にヒアルロン酸がたっぷりとある状態だと若々しい肌となり、まるで赤ちゃんの肌のようにしっとりして弾力のある状態になるんです。

水分を保持することで衝撃を吸収するクッションのような役割を高めています。つまり、関節はヒアルロン酸の潤滑効果もありスムーズに動くのです。

ヒアルロン酸の美容効果

ヒアルロン酸は私たち人間の筋肉、軟骨、脳、血管などありとあらゆるところに存在している物質で、肌の真皮にも存在しています。

ヒアルロン酸は1gあたり約6000mLの水分を保持する能力があります。
つまり、少量のヒアルロン酸を摂取することで、体内のあらゆる部分の水分を保湿することができるのです。

お肌では、真皮の中にあって、コラーゲンやエラスチン、プロテオグリカンなどとともに細胞と細胞の間に存在しています。この状態は、「細胞外マトリクス」と呼ばれています。
ここでは、ヒアルロン酸は、水分の保持やクッションの役割を担っています。

人の体内にあるヒアルロン酸は、ネバネバしたムコ多糖類の中でも、水分を保持する保水力と粘性、弾性に大変優れていることで、身体によい効果をもたらしているのです。

ヒアルロン酸は年々減少していく

体内のヒアルロン酸量は、20歳をピークにどんどんと減少し続けますが、40歳代からはその減少スピードが急激に速まります。

加齢とともに減少

からだの中のヒアルロン酸濃度は、成長とともに減少していきます。 皮膚の濃度変化としては、40歳後半から加齢とともに減少していく ことが報告されています。

ヒアルロン酸の量が減ると弾力と潤いが低下し、肌荒れやカサつきの原因にもなります。

ヒアルロン酸効果のある化粧品

100%高純度。とろーとした感触で伸びがよく、しっかりたっぷりうるおい。持ち歩く、いつでもどこでもお肌の乾燥による小じわの予防となり。
※美容液として原液のままお使いできます。

いつもは違うヒアルロン酸を使っているのですが、こちらはパラベンフリーフリーなのが嬉しいです。

乾燥肌なので手作り化粧水に混ぜるのはもちろん、シャンプーに混ぜたり、ドライヤー前の髪につけたりと使い方は探せばまだまだありそうです。

洗顔時に混ぜて、ボディーソープに混ぜて、 お風呂の湯船に混ぜて。 とにかくいろいろな使い方ができますね! 肌の奥から潤っている感じがします! 色々な使い方ができる分、この量だとすぐに無くなってしまいます。ちょっとした贅沢気分になります! 手頃な値段、これからも沢山お世話になります。

とろ~とした感触で伸びがよく、お肌にスーっとすばやく浸透し、ハリのあるみずみずしい素肌をつくります。

通常のヒアルロン酸と、従来のヒアルロン酸の2倍の保水力があるスーパーヒアルロン酸とナノ型ヒアルロン酸配合

通常の2倍の保水力を持つスーパーヒアルロン酸と、微粒子で角質層内部に浸透しやすいナノ型ヒアルロン酸を配合し、高い保湿力を実現しました。

-Uncategorized

×
ダラシンT