Uncategorized

美容効果も!「お風呂の入浴剤」になっちゃう食材6選


【1】塩

塩をお風呂に入れてからつかると、入れてない時と比べて汗が尋常ではないくらい出るのです。

塩風呂には発汗作用があります。この発汗作用により、血の巡りがよくなり新陳代謝がよくなり、様々な効果が期待できます!普段、汗のかきにくい方はお風呂に塩を入れてみるといいですね!

出典b-pre.com

バスソルトがあるように、塩をお風呂に入れるのもGOOD!発汗作用が発揮されて、むくみをスッキリさせる効果があります。体の芯から温まり、ポカポカの体に!

約300gの粗塩を浴槽に入れて、約10分浸かります。一旦湯船から上がり汗を流したら、再度10分浸かり、最後にシャワーで塩分をしっかり洗い流します。これを週3回のペースで行います。

風呂に塩入れると肌の調子はよくなるんだけど上がった後しばらく暑すぎる

なんか風呂に塩入れると汗がドバッと出るらしいからやってみよう

疲労回復には塩を入浴剤代わりに風呂に入れると良いと知ってやってみた。普段と同じ温度ですげぇポカポカする...冬には良いかも。

先輩ブロガーさんに教わった、風呂に塩を入れる塩風呂はエネルギーを清める効果があるのでおすすめ。湯船に浸かる日はよくやってる。

【2】砂糖

出典slism.net

保湿効果があると話題に。

発汗作用がメインになる塩のお風呂に対し、『保湿効果がある』と評判なのが砂糖。 シュガーバスは保湿効果が高く、しっとりと潤いのある美肌を作ってくれます。冬場や季節の変わり目など、乾燥する時期にチャレンジしてみては?

お風呂につかるだけなら忙しくても全然お手入れできる!

一番手軽なのが砂糖!砂糖は浸透力が高く、水分を吸収して保湿する力があり、保湿効果が高いのだそう。使い方は簡単!砂糖を大さじ2から5程度湯船にいれて溶かすだけ。白砂糖、黒砂糖なんでもOKです。砂糖1キロが100円ちょっとで購入できることを考えると、コストパフォーマンスの良さが光ります。

バスシュガーよく分からんけどいい感じかも~ヾ(*´ω`*ヾ )
なんかしっとりしてる気がする~。

砂糖を風呂に入れると保湿効果があるとな

バスシュガーは、肌が弱っている時にいいのよ。むずむずとか、かゆいとか、乾燥してる時に、柔らかいお湯になるの。蜂蜜アレルギーがある人は、ダメだけど。

砂糖って保水力があるんだー。だから最近、入浴剤でバスシュガーがあるんだね。

【3】酢

体臭を抑えることができます。

入浴剤として、お酢をコップ1杯(200ml程)湯船のお湯に加えます。肌が清潔になり、体臭が緩和される・毛穴の脂肪や老廃物を溶かしてくれる・お湯が弱酸性になるので、血行が良くなる・疲れを取り除く・肌がつるつるしっとり

酢は美容効果抜群です!

基本的にはスタンダードな米酢がオススメですが、リンゴ酢や黒酢がさらに良いとされています。リンゴ酢は抗菌特製つまり細菌の増殖を抑える性質や肌を引き締める効果が高く、お風呂に加えれば肌を清潔にし、そしてphバランスを保効果が期待できます。また主に玄米から作られる黒酢はアミノ酸の含有率が他のお酢と比べて高く、ミネラル、ビタミンなども含まれているので、抗酸化作用にも優れています。

風呂の湯にちょこっとだけ酢を入れるとさっぱりして気持ちいいよ

風呂に酢を入れると体臭予防になるらしいので加齢臭を気にしてる人は酢を風呂にコップ1杯くらい入れてみよう♪

お風呂に酢を入れるといいと聞いて、酢風呂をやってみた。とても汗かいた。

風呂に酢を入れると良いらしい。
しかし風呂の中がすっぺぇな

【4】はちみつ

ハチミツ大さじ1~2杯を湯船のお湯に溶かします。

はちみつも美容に良いってよく言いますよね。保湿効果もすごくてお肌しっとりになれるし、抗菌作用とかもあるからニキビにも良いっていう優れもの。特に背中ニキビとか自分じゃケアするのが難しいけど、これならお風呂に入るだけで全身ケアできちゃうから良いかも♪これもお風呂に大さじ1~2入れるだけでオッケーです♡

-Uncategorized

×
ダラシンT