Uncategorized

睡眠不足は美容の大敵!睡眠の質を高めるためにしたいこと


睡眠不足は肌に大きな影響を与える

一番影響を受け、目に見えて変化するのはやっぱりお肌!ターンオーバーのリズムが乱れ、古い角質が残りやすくなります。その結果、くすみ、シワ、シミ、吹き出物、乾燥といった肌トラブルを引き起こしてしまうのです。また、体全体の血流が悪くなり、目の下のクマが目立ちやすくなるなど、何一ついいことはありません。

最新の研究で、理想的な1日の睡眠時間といわれる7~8時間を下回る時間しか寝ていない女性は、早く寝るようにした場合と比べて、シワやシミが増え、毛穴が開く傾向があることが明らかになった。

イギリスの寝具メーカーが調査

熟睡できなかった時は、お肌がアレたり、化粧のノリが悪いなど、お肌の状態が悪くなると感じる女性はとても多いのです。私たちの体には、免疫力や回復力といった、体調を整える働きが備わっていますが、熟睡できないとその働きが鈍くなってしまいます。

ただ単にたくさん寝ればいいわけではない。深い眠りを取ることが大切

美容のためにも深い眠りをしっかり取ることは、とても大事です。質の良い睡眠を取ることができる方法をご紹介します。

睡眠不足は体調を崩す大きな原因!美容にも悪いし、早めに寝る事を心掛けよう。

化粧なんかより睡眠の方が絶対美容にいいのでさっさと寝ましょう(なお現在時刻)

眠る前にはノンカフェインの温かい飲み物を

眠る前のリラックス方法として、一般的なのは、温かい飲み物を飲むことです。大量に飲めば、眠っている時に尿意を催して目が覚めてしまいますが、適度な分量の温かい飲み物は、神経を鎮めるのに効果的です。

ハーブティー、生姜ティー、ココア、白湯などもおすすめです。

牛乳には、「トリプトファン」という不眠症やイライラにも効果のある成分が含まれています。トリプトファンは、「セロトニン」という脳内ホルモンの材料となるアミノ酸のことで、セロトニンの別名は「幸福ホルモン」といい、心を落ち着けて副交感神経を活性化させるのに役立ちます。

カフェインの含まれる飲み物と聞くと、コーヒーを真っ先に思い浮かべますが、コーヒー以外にも、玉露、ウーロン茶、コーラ、栄養ドリンク、緑茶、総合ビタミン剤などにも含まれています。

覚醒作用と利尿作用のせいで眠れなくなり何度かトイレに起きる可能性がある

寝る前にはパソコンやスマホをしない

厚生労働省が11年ぶりに「睡眠指針」を改定していますが、その中には、「寝床に就いた後に携帯電話を使ったり、ゲームをしたりして活動すると夜型化を招く」として、寝る前のスマホ利用が、睡眠の質に影響を及ぼすことも示唆。

2014年3月、厚生労働省が11年ぶりに「睡眠指針」を見直して、警鐘している

人間が規則正しいサイクルで睡眠と覚醒をおこなえるのは「メラトニン」というホルモンのおかげです。しかし、テレビやパソコンをはじめ、スマートフォンやタブレットの光を夜間に浴びると、このホルモンの分泌量が抑制されてしまいます。そのため、睡眠のサイクルが崩れ、眠りが浅くなったり、寝付きが悪くなったりという症状が現れます。

テレビに関しては十分に離れた距離から見ている分にはそれほど悪影響はない、という考え方が一般的です。画面のすぐそばで凝視してしまいがちなスマホ、パソコン、タブレットといったものが特に要注意と言えます。

スマホの明るさ調整モードで、夜間は画面からあまり光が発しないように設定し、閲覧するときはなるべく顔を近づけずにするとよい

出来るなら就寝2時間前からスマホなどを見ないようにしましょう。それは無理だ・・・という方は、最低でも1時間前から頑張ってみましょう!

睡眠の3時間前には食事を済ませよう

夜は睡眠という体を休める行為が控えている。にも関わらず食事をとってしまうと、体は入ってきた食事の消化に集中してしまいます。つまり睡眠に注ぐはずだった力が消化に向いてしまい、結果的に睡眠の質が下がるということになってしまうのです。

通常、体は21時以降、深部温度が下がり自然と睡眠の準備をしてくれます。しかし食事をとると胃腸が動き出し、深部温度が上昇してしまいます。つまりこれから寝ようとして体が下げてくれた深部温度を、食事をして胃腸を働かせることで上昇させて睡眠モードを脱してしまう。そして寝つきの悪い夜を招いてしまうのです。

-Uncategorized

×
ダラシンT