Uncategorized

今若い世代に目の病気が増えている...カラコン依存症が怖い!!!


カラーコンタクトレンズ

さまざまな色やデザインを楽しみながら自分好みのお洒落な目元を演出できることにあり、近年は色やデザインのバリエーションが充実している。これまでコンタクトレンズは視力補正用がメインだったが、おしゃれ用カラーコンタクトレンズの登場で、視力が悪くない人もファッションの一部として楽しむことができるようになった。

そして手放せなくなった

カラコンをずっと使用していると
その黒目の大きさに慣れてしまい
裸眼では物足りなくなることも...

カラコン破けてイライラ
ノーメイクで原宿
女子力欠けてる

カラコン1度使ったらアイテープと同じようにもうカラコンなしじゃ外でらんなくなりそうで怖い

それ、もしかして依存症かも..

カラコンを付けた顔が自分の顔だと思っていませんか?
つけないと不安になったりしていませんか?

カラコンをやめたいのにやめられない「カラコン依存症」になっている人が急増中。

カラコンを着けていない顔に自信がない、カラコンを着けていないと人前には出られない、などといった強迫観念にかられ、結果依存してしまう人...

でも本当に必要?

メンズ達からは裸眼支持派の声が多数

@mermeirin 裸眼いいじゃないすか!!カラコンいらないすよ!

カラコンあってもいいけど、やっぱ無い方が断然いいねㅠㅠ

まあ、カラコン有りも良いけど
私的にカラコン無しの方が好き~~ twitter.com/knk291/status/…

カラコンしてないモデルさんを見ると、やっぱりカラコン無しが一番可愛いよなって思う

本当に怖いカラコンの弊害を認識して

筆者もある日眼科で言われました。
「20代の目じゃない。
50年後は失明してるよ。」

「新生血管」という言葉を聞いたことがありますか?

カラコンをし続けることにより黒目が空気に直接触れる事ができない時間が長くなると、角膜内の酸素が足りなくなってきます。
そのような状況になった時に角膜に酸素を取り込もうと角膜新生血管が黒目にできるのです。

つまり角膜新生血管ができるということは角膜に酸素が足りない証拠なのです。

この状態を長く続けていけば目に何らかの障害がでてしまうと思います。
最悪の場合は失明する恐れもあります。

角膜内皮細胞は普通に生活しているだけでも段々と減っていくのですが、目が酸素不足になると減り方が早くなります。

10年後、20年後の自分の為に

後悔しないために
今日から改善しよう。

少しずつ自分自身を慣らしていく。
周りの人たちにも慣れていってもらうという感じです。

カラコン盛り盛りはもう古い!これからはナチュラルなワタシ!

-Uncategorized

×
ダラシンT