Uncategorized

美肌女子を目指す人の「日焼け止め」の上手な落とし方「実践編」


そもそも日焼け止めって

日焼け止めはその名のごとく、日焼けを防止するために肌に塗るものです。
「SPF」や「PA」の数値が高いものが、日焼け止めの効果がより高いものになります。
その理由は、シミやそばかす、そして日焼けの元となる紫外線を防いでくれるから。

肌が弱い人は注意!

数値が高いということは、それだけ強力ということ。
肌が弱い人が直接塗り続けると、それだけで肌にダメージが蓄積されることになります。

上手に落とすポイントは、上手に塗ること

日焼け止めを上手に落とすために、塗る前から下準備を!

「ポイント1」化粧水で保湿&皮膚を防御!

日焼け止めを塗る前に化粧水を塗っておくだけで、肌へのダメージはもちろん落とし残しも無くなります。

保湿も出来るし、日焼け止めも落としやすくなるしで一石二鳥!

「ポイント2」こまめに薄く塗る

「SPF」や「PA」の数値が低いものでも、外出中に何回かにわけて塗ることで、紫外線は充分に予防できます。

何回かにわけて薄く塗ることで、肌へのダメージも最小限に抑えることが出来、落とすときにも落としやすくなります。

「ポイント3」日焼け止めの種類による落とし方

日焼け止めの種類はたくさんありますが、その落とし方も実は商品毎に違ってたりします。

お湯だけで落とせるものから専用のクレンジングが必要なものまで、落とし方は多種多様!

なので日焼け止めを購入するときには、落とし方の説明をよく読んでから購入するようにしましょう!

落としたあとの洗顔も忘れずに!

日焼け止めを落としたあとは、もちろん洗顔も忘れずに!

間違っても、「日焼け止め落とし」と「洗顔」を兼ねてしまってはいけませんよ~。
洗顔だけで落とせない日焼け止めの場合は、肌に残って肌トラブルの元になります!

落とし方が特に指定されていない場合のオススメはベビーオイル

日焼け止めの落とし方が指定されていなかったり、お湯のみで大丈夫な場合にオススメなのがベビーオイル。

方法もとってもカンタン!日焼け止めを塗った箇所にベビーオイルを少し馴染ませ、そのままお湯で落とすだけ!

-Uncategorized

×
ダラシンT